セカンドポスト

雑記(フットボール/エンジニア/旅行/語学)

ポーランド旅行記①-Wisła Kraków

Servus

 

インターナショナルブレイク前、オーストリアブンデスは試合ないと思ってポーランド旅行を決行。その後優勝プレーオフがその週末に開催されることを知る。しかも家から一番近いRapidとのアウェイ。一週間で予定が決まるのは凄い、Jリーグも見習ってほしいが基本的に各スタジアムが各クラブ所有なのでできることなんであろう。

 

旅程

クラクフと1泊、ワルシャワで2泊する旅程。各都市で1試合ずつWisła KrakówとLegia Warzsawaというポーランドでも歴史の長い2つのクラブを見る予定。

 

クラクフ

夕方着のRyan airクラクフへ。駅から市内へは電車で約30分程度。時間も遅かったので市内の中心街をふらっと歩いて小腹を満たす。Zabkaという見た目も中身もファミリーマートのコンビニでホットスナックを買って食べ歩き。夜も23時までやっているのでかなり利便性が高い。

f:id:shogayaki_mainichi:20240408165258j:image
f:id:shogayaki_mainichi:20240408165254j:image
f:id:shogayaki_mainichi:20240408165250j:image

 

Wisła Kraków

市内中心部からトラムで15分強で着く好立地。街自体が小さいのでどこに行くにも行きやすい。ちなみに同じ街の1部クラブCracoviaも10分程度の立地。ポーランドフットボール文化の高さを感じる。

クラブカラーは赤青という素晴らしいカラーリング。スタジアムの外観はライトアップされていて綺麗。ファンショップにはクラブオリジナルのアパレルがかなり豊富にそろえられていた。見た限りウルトラスショップは外にはなさそうであった。

クラブはエクストラクラサ優勝14回(2位)、通産の勝ち点でも2位の古豪。Legiaとはナショナルダービーと呼ばれ、Cracoviaとのダービーは聖戦(ジハード)と呼ばれる。そもそもクラクフの街としてのタイトル数はポーランド1で小さい街ながらワルシャワよりも街自体の熱は熱いのかもしれない。

f:id:shogayaki_mainichi:20240408165420j:image
f:id:shogayaki_mainichi:20240408165416j:image
f:id:shogayaki_mainichi:20240408165413j:image

 

試合を見るまで知らなかったけどポーランドには国内クラブ同士のフレンドシップがあるという。ゴール裏にはRuch Chorzów(隣町のKatowice近郊のクラブ)があって不思議に思ったがフレンドシップクラブらしい。東欧フットボールに詳しい長束さんのツイートによるとくっついたり離れたりいろいろ繰り返しているらしい。この1年間で東欧フットボールに触れることが多かったので是非東欧フットボールクロニクルは読んでおくべきだったと痛感する。

f:id:shogayaki_mainichi:20240408165428j:image

 

試合内容(Wisła Kraków - Miedź Legnica

戦力的に優位なWisłaが押す展開。ロングボールからの一発の抜け出しかウインガーによる1on1でゴールに迫る展開。お互いにCBがキックミスしたりロングボール被ったりと特別レベルは高くはないがスタジアムの雰囲気は素晴らしかった。アウェイファンが0だったのは少し寂しいけど。

f:id:shogayaki_mainichi:20240408165618j:image
f:id:shogayaki_mainichi:20240408165622j:image
f:id:shogayaki_mainichi:20240408165626j:image

 

クラクフ観光

次の日はワルシャワへの移動までクラクフの観光。

Wawel castle

f:id:shogayaki_mainichi:20240408165515j:image
f:id:shogayaki_mainichi:20240408165506j:image
f:id:shogayaki_mainichi:20240408165510j:image

 

やることもあまりないのでとりあえずダメもとでアウシュビッツに行ってみたらなんと自分の前でチケットが完売に。さすがに萎えたけども周りを散歩することに。ここの周りにも多くのフットボールグラフィティが。

f:id:shogayaki_mainichi:20240408165539j:image
f:id:shogayaki_mainichi:20240408165534j:image

 

ワルシャワ

電車でワルシャワへ向かう。列車内ではペットボトルの水が配られる好待遇。ポーランドが徐々に好きになりつつある。

 

ワルシャワ編に続く

ウィーン在住LASKファン アウェイ遠征記 vs SCR Altach

Servus

長い間やってなかったアウェイ遠征記

試合プラス旅行が久しぶりなので書こうと思う。

実際にはルステナウとのアウェイがブレゲンツであった時に試合後にクリスマスマーケットに行くとかはあったんだけどイングランド以降あんまり大きな旅はなかった。プレーオフに入ったら遠方はあってもクラーゲンフルトくらいだろうし。

 


今回の旅程

ウィーンからアルタッハまで電車移動→ドルンビンで1泊→Karrenをハイキング→インスブルックでサウナ

アルタッハまで

今回も他のLASKファンと一緒に列車旅。リンツで合流する。自分はひと足先にウィーンから乗る。朝7時半発。前日に大家とルームメイト探しの件、家賃の折半方法で1時くらいまで揉めてたのでマジで眠い。

日曜日なのでスーパーやってないのから前日に飲食物を買っておいた。いうてもでかいアイスティーと当日はパン屋はやってるから後回し。

先月日本に帰った時にドンキで買った日本のお菓子詰め合わせをみんなに試してもらった。1番の人気はビッグカツだった。フェイクシュニッツェルだ!ってめっちゃ気に入ってオンラインで買おうとしてた。2番目はキャベツ太郎、3番目はじゃがりこだった。個人的にはじゃがりこが一位だと思ってたんだけどな。

f:id:shogayaki_mainichi:20240307001105j:image

f:id:shogayaki_mainichi:20240307001038j:image

列車はスキーシーズンともあってほぼ満席。4人掛けに4人で予約していたんだけど1人が来れなくなって1席空いたのでたまに他の人に席を譲ったりしていた。どの人もみんなSt Antonというスキーリゾート地に行く人か帰る人。

1人目はマンチェスターから来たイギリス人。訛りですぐにイギリス人ってわかった。スキーしにくるのは3回目らしい。前日に家の近くの日本よくレストラン行ってきたらしい。自分たち3人はマンチェスターリヴァプール、ロンドンに行っていたので盛り上がった。本人も言っていたがロンドンは優しくない、マンチェスターリヴァプールはフレンドリーだ。オーストリアも日本もまぁ同じだと思うけど。ウィーンはあんまり優しくない。逆にリンツの人たちはかなり義理堅いし時間も守る。フォアアールベルクまで来るともっと優しい。なんかみんなニコニコしてる。アジア人が珍しくて見られてるだけかもしれないけど。今回の旅でもアルタッハのファンが車乗っけてくれたりしたし、泊まったAirBnBの人もめっちゃ優しい。

2人目は1等車買ったのに席を予約しなかったせいで座れなかった人。終始文句言ってたアメリカ人女性。なんかずっとアメリカは自由だ、50の州からなる偉大な国だ!みたいなことを言ってた。予約しなかったのが悪いのにオーストリア鉄道はなんて酷いんだ!と叫んでた。友人の1人が世界で1番愉快なテーブルへようこそと言って少し落ち着いてた。こういうユーモアが咄嗟に第二言語で出るのが羨ましい。その後も終始自慢してた。5つの大陸を制覇したとか毎年世界中を飛び回っているとか。

自分でも驚いたのがイギリス人の英語の方が聞き取りやすかった。アメリカ英語で育ってるからアメリカ人の方が楽かなと思ったけど違った。

f:id:shogayaki_mainichi:20240307001134j:image

アルタッハ

日曜だし田舎だし何もやってない。なので公園で飲みながら遊んでた。途中、アルタッハのファンのおばちゃんが通りかかり、公園まで乗っけてくれることに。

f:id:shogayaki_mainichi:20240307001226j:image
f:id:shogayaki_mainichi:20240307001207j:image
f:id:shogayaki_mainichi:20240307001221j:image
f:id:shogayaki_mainichi:20240307001156j:image

アルタッハはフォアアールベルク州の最大の都市であるドルンビンの近くの街ではあるものの、人口約6000人。でもスタジアムには3、4000人はアベレージで来る。ルステナウも新しいスタジアムが建設中であったりフォアアールベルクはかなりフットボール文化が根付いている地域である。アウェイゲームにも街の規模と距離を考えてもそれなりに多くのファンが来る。アルタッハとルステナウのダービーでは過激なパイロショーも披露される。スタジアムの箱こそ小さいがウィーンダービー、グラーツダービーにも引けを取らない盛り上がりだ。

試合

アルタッハアウェイ(とシュトルム)はいつも例のピンクユニフォームでプレーする。この日も同じ。そのため冒頭19分はボイコット。19分からはハートの黒白ボードを掲げながらコレオ。この日はBWTの本社前でピンクユニに対する抗議も行われた。BWTのスローガンをいじったアンサーとして、あなたたちは私たちの色と共に生きる必要がある。というかバナーで抗議した。そしてRBとの試合前に同時心肺蘇生トレーニングのギネス記録挑戦に使われたハート型のスポンジをピンクに塗って装飾した。まぁギネス挑戦もある種のビジネス面でのパフォーマンスに使われたのだろう。

内容は下位に沈むアルタッハに終始押し込まれる。決定機はかなりの数相手にあったがLawalの好セーブと相手の決定力に助けられてドロー。こちらの決定機は皆無。Zuljが前節の退場で不在。彼がいないと何も起きない。ロングボールのターゲットもなし、ボールを貯められる選手もいない。DFラインで繋ごうというのに当初からチャレンジしているけど前に進むのは結局ZuljかHovarthの個人技。ファイナルサードもZuljとUsorの個人技にたまにLjubicicが詰めるだけ。

流石にこの日はブーイングが出た。ウルトラスは挨拶いらんからさっさと帰れと。その後も監督とファンで少し話し合い。個人的にはZuljがいないしどうしようもない、どうしようもないのは問題だけど編成が若手とベテランに偏りすぎているし、冬に取ったのも実績はあるけど欧州からは離れていたBerishaとバイエルンのセカンドにいた選手だけ。夏もRBのセカンドにいたHavelとドイツ2部から買い戻したAndrade、Sturmで試合に出てなかったLjubic。まともに主力になるのはAndradeだけだ。Berishaはまだコンディションがフィットしてないみたいだし。中村頼みorマークが集中して浮いたところをいかせていた昨季からかなりスケールダウンはしている。試合後の報道ではロッカールームの雰囲気は最悪だとも言われている。もうチームになれてない、的な。

 

ただSagederはトップリーグ初監督でこの編成、ヨーロッパも並行、なかなかよくやっているとは思う。もちろんベストじゃないけど、クラブがもっとサポートして欲しい。転売目的バレバレの選手獲得でチームが勝てないんじゃ意味がない。俺たちはヨーロッパに出れればいいんじゃなくてブンデスリーガを獲りたい。

 

他会場の結果で上位プレーオフへの進出は決まった。最終節はRBとのホームゲーム。

Landstrassler - Altach - LASK 0:0 (0:0)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Initiative Schwarz-Weiss(@initiative.schwarzweiss)がシェアした投稿

 

f:id:shogayaki_mainichi:20240307001224j:image
f:id:shogayaki_mainichi:20240307001230j:image
ドルンビンへ

友人たちと別れフォアアールベルク最大の街ドルンビンへ。この地域の電車は30分に1本あればいい方。ちなみにグラーツ近くのハルトベルクは1,2時間に1本だ。

この日はWokでテイクアウトしておわり。オーストリア人とペルー人夫婦のAirBnBでお世話になった。

f:id:shogayaki_mainichi:20240307001310j:image
f:id:shogayaki_mainichi:20240307001305j:image
f:id:shogayaki_mainichi:20240307001316j:image

Karrenへハイキング

朝は10時頃の出発でカフェで朝食。中心地を散歩したけど日本でいうと徳島とか宮崎の駅前よりもっとこじんまりしている。東中野駅前くらいの規模かな。

ちなみにフォアアールベルクの方言はフォアアールベルク語と言われるくらい難解でウィーンやリンツオーストリア人でも理解できないらしい。日本でいう津軽弁や沖縄弁みたいな感じ。なんかよくわからない挨拶を発せられた気がする。

 

朝食後はKarrenという山をハイキング。事前にKomootというハイキングサイト/アプリでEasyとなっているコースを参考に上ったんだけど普通にめちゃきつかった。きつかったので片道だけで断念し頂上からはケーブルカーで帰った。

頂上に着くやもう真っ白。分厚い雲でなんも見えない。見えなさ過ぎて逆に展望デッキが怖かった。

Wanderwege am Karren Dornbirn | Karren Dornbirn

 

f:id:shogayaki_mainichi:20240307001410j:image
f:id:shogayaki_mainichi:20240307001357j:image
f:id:shogayaki_mainichi:20240307001337j:image
f:id:shogayaki_mainichi:20240307001329j:image
f:id:shogayaki_mainichi:20240307001320j:image
f:id:shogayaki_mainichi:20240307001419j:image
f:id:shogayaki_mainichi:20240307001325j:image

インスブルックでサウナ

ハイキング後は2時間近くかけてインスブルックへ戻りサウナへ。年末のテルメウィーン振りのサウナで楽しみ。

行ったのは駅から徒歩10分のこちら。

Hallenbad Amraser Straße [Schwimmbecken & Saunabereich] | IKB

パノラマサウナが最高であった。ルーフトップにありインスブルックのアルプスの絶景を見ながらサウナと外気浴。天気も良かったので気持ちよかった。サウナは全自動のアウフグースで30分毎に自動注水と天井にアウフグース用のファンがついている。さすがに人力のテルメウィーンの灼熱アウフグースよりは劣るが形式と掛け算すれば点数はトップレベルである。価格は19.2ユーロ。

としまえん庭の湯や後楽園のラクーアに行くような価格帯。テルメウィーンはそれより高いしサウナだけ入るができないので短時間だと割高である。

 

さいごに

遠方遠征に行き、泊まってアクティビティしてサウナに入って帰る。なんら日本でのAway Daysと変わらない日々であった。インスブルックのサウナはまた来たい。

 

ではCiao

ウィーンにきて11ヶ月が経った

Servus

 

ワークパーミットは残り1ヶ月。あと少しで1年が経つ。

 

今回は振り返りというより現状をまとめようと思う。

 

仕事

ウィーンでの仕事は3月末で終了。

7月スタートを目処に日本での転職活動を開始した。エージェントメインにITコンサルを中心に見ている。ただオーストリアに帰ってくることも視野に入れたいのでどうキャリアを作っていくのか悩んでる。

外資系大手はうまくいかなかったのでどうしようかなぁと。自分はWebテストがマジでできない&1年のブランクはシビアに見られる現実を突きつけられている。

 

これだけがやりたい!って感じはないので知り合いで面白いことやってる人で一緒に働かせてくれる人がいたら連絡ください。フットボールでもIT,DX界隈でもオッケーです。

 

ヨーロッパでの生活

ウィーンでの生活は非常に満足している。9日間だけ東京に帰ったけどやっぱり東京は人が多すぎる。あと空気悪くない?花粉もしんどい。でも飲食店、スーパー、コンビニ、などの利便性は世界一だと思う。水道水はオーストリアが世界一だと思う。

 

交通機関は正直都内であればウィーンと変わらない。郊外に出るとやはり東京のほうが発達している。どこ行っても人多いし。

 

友人関係

先日、約1年ぶりに味スタで友人になったオーストリア人と再会することができた。応援するクラブは違うが移住当初は様々お世話になった。

それ以外にもウィーンに住むLASKファンの友人はよく気に掛けてくれるし本当に心の支えになっている。

フットボールも一つの目的で来たこのワーホリでまた仲間が増えたし、何より助けられた。サッカーには夢があると某クラブの元社長が言っていたがこれは本当だと思う。

 

フットボール以外でも職場には日本人がいたおかげで日本語でコミュニケーションとれるのは精神的にも助かったと思う。初めての海外生、たしかに日本語ゼロで生活した方が英語力もドイツ語力も上がるだろうけどやっぱりハードルは高いと思う。愚痴や困ったこと、日本語で話せた方がストレスのマネジメントはしやすいと思う。

 

残りの期間

3月いっぱいは仕事をするけども4月5月は平日は基本暇。なので旅しようと思う。ヨーロッパやアフリカに回りたい。フットボールも見れればいいかな。UEFAのノックアウトステージももしチケットが取れれば。今考えているのはイタリアでセリエAポルトガル(またはスペイン)でフットサル、ケニア辺りでサファリツアー、北欧周遊、トルコへスウォヴィクの応援に行く、などなど。

もしこの辺り、一緒に合流しようなんて人がいれば連絡ください。

 

 

ではCiao

某エナジードリンク企業のJリーグクラブ買収について思うこと

 

レッドブルJリーグ参入へ J初の外国資本企業オーナー誕生も J3大宮が最有力候補― スポニチ Sponichi Annex サッカー

 

レッドブルによる大宮アルディージャの買収。

正直大宮についてここ最近の状況について詳しくはないがNTTがあんまりやる気がなさそうと言う話だけは聞いている。

 

この買収の噂について、自分が見る限り、日本では比較的好意的に受け止められている印象を受けた。この好意的に受け止められている状況はクラブの伝統や文化の面から見ると非常にまずいと思う。

 

日本にもドイツブンデスリーガのファンは多くいる。多くの日本人も活躍している。にも関わらず、、、

 

BVBやUnion Berlin、E.Frankfurtなど、オーストリアで言えばRapidのウルトラスに憧れるのはご自由にではあるが、彼らがどうやってクラブや文化を守って来たのか?

クラブとスポンサーの言うことに前ならえしか出来ない人間には想像は出来ない。

Jリーグスタジアムに来て他人や他クラブの団体が行うスタジアムでの抗議活動に無関心ならまだしもバカにしてSNSに晒し上げている人間にこの買収によって何が起きる可能性があるのか、想像出来るはずがない。

そのくせに"サポーター"、"ウルトラス"と自称する。

他クラブが乗っ取られる可能性がある?レッドブルに元クラブの文化へのリスペクトなんてない、リスペクト警察の出番だろ。抗議のステッカーや段幕なんてダサい?意味ない?やってから言え。

他クラブで起きたことは自分のクラブに起きない保証はあるのか?他クラブが壊される=次は自クラブかもしれない、そんな危機感を持てるか?だから他クラブだろうと敏感に反応する必要がある。

最悪のシナリオが訪れた時、お前の居場所はスタジアム、クラブにあるのか?あるとすればお前はただのクラブの一消費者に過ぎない。お前はクラブの一員でも仲間でもない。 

 

伝統と歴史は尊重します、GKユニのソックスの色で。クラブ公式カラーはオレンジネイビーのまま、でもユニフォームはレッドブルの統一ユニフォームです。スタジアムではオレンジの物は身につけないでください。

これで納得行く人間、自分の愛するクラブで同じこと言われても納得できる奴だけがレッドブルの買収を歓迎しろ。

 

ぶっちゃけオーストリアにいて、ザルツブルクRBライプツィヒの試合も見て選手のクオリティは非常に高い。ここ数年はビジネス面もピッチもピークほどではないものの一定の成果は上げている。現にオーストリアブンデスリーガの各クラブにはザルツブルクのセカンドチームからの加入選手は比較的多いしポテンシャルの高い良い選手達である。

リーグや国のフットボールレベルが向上するのは良いことではある。だがしかしそのフットボールは誰のものなのか?

f:id:shogayaki_mainichi:20240216013600j:image

トロフィーや大金よりも伝統と情熱に勝るものはない

 

お前のクラブがレッドブルに買われたらどうする?

ウィーンに来て10か月が経った

Servus

 

ワーホリ生活もあと2か月。そろそろ帰国の準備も始めないといけない。まぁ遊ぶために6月まで残るつもりではあるけれども、かといって貯金も削らなきゃいけないし。

 

  1. LASKの試合にできる限りいくこと
  2. ヨーロッパを周遊すること
  3. フルタイムのポジションを獲得すること
  4. ドイツ語のレベルをB2まであげること  →ドイツ語/英語ともに再開した
  5. エンジニアとしての領域を広げること
  6. フットサルやる→サッカー含め

進展があったのは4と5。

やっぱり何かしらここに来た意味とか結果を出さないといけないなと思って、一番手っ取り早い語学に手出した。せめて日常の会話くらいにはついていけるようになろうと思って。ぶっちゃけ英語もB1レベルにしか達してないと思うけど。そりゃそうだ、勉強していないんだもん。ドイツ語も然り。でもなぜかリーディングとライティングのテストだけならB2だったのは謎。まぁそれなりに活字なら理解できているのだろうと思った。

 

エンジニアとしての領域という部分では、UdemyでHTMLとJSの講座を取って一通りこなした。2週間何もしなかったらすぐ忘れるけどまぁ次何か触る機会があれば思い出してくれるでしょう僕の脳のメモリーが。あとはノンデザイナーズブックを読み始めた、読み始めたはいいんだけど、この本は物理的な本で読むべきだった。電子書籍だと別ページの振り返りが難しいから。ウィーンで買うのは難しいから仕方ないけどさ。でもキャリアに復帰した時にパワポだったり提案資料作りにも役に立つかなと。もしチャンスがあればマーケとか花形みたいなポジションも経験してみたいし、アプリ作るうえでもUIデザインでは役に立つかもしれない。

 

転職活動は徐々に進めていて、英語を使うポジション、オーストリアに関係のあるポジション、コンサル系など見てる。コレっていうようなポジションには限ってなくていろいろチャンスがあればやってみたいと思っているところ。

 

ではまた。

ciao 

バレンシア旅行記 - Valencia CF

Servus

オーストリアのウィンターブレイク期間はフットボールがなくてつまらないので、たまたま航空券が安い場所、行ったことない国、って選択肢でバレンシア行きを決めた。

2泊3日だけど往復ともに朝便なので実質1.5日の観光。

バレンシア到着

空港ではバレンシアのエンブレムがお出迎え。

f:id:shogayaki_mainichi:20240125080435j:image

街路樹はバレンシアオレンジ。公害に晒されてるから食べたら体調壊すらしい。
f:id:shogayaki_mainichi:20240125080430j:image

一通り市内の観光スポットを散歩。
f:id:shogayaki_mainichi:20240125080422j:image
f:id:shogayaki_mainichi:20240125080418j:image
f:id:shogayaki_mainichi:20240125080440j:image

仕事からの5時起きだったので流石にチェックインして寝る。

 

メスタージャへ

市内中心部からメスタージャへはメトロで約20分程度。アクセスは良い。メスタージャの真横はバレンシア大学らしい。

f:id:shogayaki_mainichi:20240125080455j:image
f:id:shogayaki_mainichi:20240125080441j:image

スペインのスタジアムはカンプノウをはじめ、そういえば屋根がないスタジアムも多いなと思ったら南の方は雨がほぼ降らないらしい。だから屋根がないみたい。北西部のビルバオやサンセバスチャンの方は雨が降るから屋根があるんだろう。
f:id:shogayaki_mainichi:20240125080500j:image

適当に取った席がアウェイセクターの目の前だった。とは言いつつも周りには多数のビルバオファンもいれば隣はバレンシアビルバオ、双方のファンカップル、目の前はお父さんはビルバオ、2人の息子はバレンシアファンの家族というように入り乱れていた。

ビルバオバスクルーツのクラブだから自分のルーツがバスクの人かつバレンシア在住の人はビルバオを応援しているんだろうか。
f:id:shogayaki_mainichi:20240125080450j:image

この日買ったスカーフ。コンバットがかっこいい。幼き頃に見たコンバット×アイマールアジャラを思い出す。今でもバレンシアといえばアイマールである。
f:id:shogayaki_mainichi:20240125080446j:image

しかし某ルームメイトのおかげで彼の母国と地元の州のイメージは自分の中ですっかり落ち込んでいる。

 

試合内容 Valencia CF v Athletic Club de Bilbao

第一印象はスペインフットボールってこんなに綺麗なのかという印象。原博実氏が惚れるのも納得である。パスはみんな綺麗だし、トラップも綺麗に決まる。ゲームの展開は至ってゆっくりである。よりゴールにダイレクトでアバウトなボールやデュエルも多いオーストリアやドイツに比べると試合時間が長く感じた。それは決してつまらないのではなく。そして元FC東京フットボールコンサルタントが"ボールを愛せ"と言ったのも頷ける。さらに自分が学生の頃、"ボールと共に旅をしろ"と言われたこともまた思い出す。

 

昨季残留争いだったバレンシア、今季はまだマシなのか中位をキープ。ビルバオは数名のスペイン代表を有しEL圏内からCLも狙おうかというところか。

 

ゲームはミドルプレスからバレンシアがいい奪い方をしてチャンスを多めに作る展開。それにしてもポケット(トレーラーゾーン)の攻防は見ていて面白いし勉強になった。主に2vs2の関係で攻略しているので確かにフットサルの文脈もあるんだろうなと感じた。ディフェンスもマークの受け渡しはスムーズである。

 

個人ではバレンシアのフルキエとビルバオのニコ・ウィリアムスの攻防が見応えあった。

 

試合は1-0でバレンシアの勝ち。調子を取り戻してきていてEL圏も見えてきたというところか。

 

スタジアムの雰囲気はアウェイ側に陣取ったからなのかウルトラスが印象に残るゲームではなかった。ただそれ以外のスタンドからのチャンス時の盛り上がり、ブーイング、いいプレーの後の拍手などは他の国よりも激しかった。人気のチャントの時はスタンド全体で歌っていた。

 

ちなみにオーストリアはあんまりブーイングしない。

 

観光2日目

1日目に行けなかったビーチ方面を散策。近代建築で造られた美術館、博物館

f:id:shogayaki_mainichi:20240125080537j:image
f:id:shogayaki_mainichi:20240125080525j:image

ビーチとパエリアとセルベッサ、良い組み合わせである。
f:id:shogayaki_mainichi:20240125080533j:image
f:id:shogayaki_mainichi:20240125080521j:image

f:id:shogayaki_mainichi:20240125083542j:image
f:id:shogayaki_mainichi:20240125080529j:image

 

Tschüss

ウィーンにて年を越す - ウィーンに来て9か月が経った

Servus

 

12カ月のワーホリ期間もあと残り3か月。こちらで年を越すまで生き延びることができた。今回は振り返りというか、初めて日本を出て長期間生活した感想を残しておきたい。

 

生活文化について

移動手段

旅行好きかつせっかちな自分は交通の便の優先度が割と高い。その点ウィーンはかなり優秀で日本に近いと思う。トラムや地下鉄は高頻度で来る。バスは交通状況によるから何とも言えないけど。日本でもバス嫌いだったし。アウトバーンも走りやすく、数回しか運転や同乗していないが渋滞も少ないように感じる。

近郊列車や都市間列車(OEBBとWestbahn)は基本的には定時で運行してくれるので助かる。毎週乗ってるが1時間レベルでの遅延は2,3回しか体験していない。某隣国の列車とは大違いである。

そして空港もしないから近く1時間以内で行くことができる。さらに便数も多くヨーロッパ各地へ行きやすい。空港自体もコンパクトで着陸後15分以内に電車に乗ることも可能。かなり利便性が高く満足度が高い。

食事

基本的に外食は高い。が、まずいという店はあんまりない。大衆的なレストランに行くよりも、日本でいう古めの定食屋的な感覚で裏路地のオーストリアっぽい内装のお店や小汚い英語がなかなか通じないPfanneやイタリアンのお店に行くと低価格でおいしい本格的な料理が食べられる。本格的な日本食レストランは多くない。中華料理はここでも豊富にありWok含めて充実している。

スーパーの生鮮食材はかなり高い。なのでマーケットの八百屋やお肉屋さんで買うことをお勧めする。マーケットなら価格は日本と同じくらい。スーパーではプライベートブランドを買うことが多い。

治安

さすが住みたい街ランキング世界1位である。非常にいいと思う。新宿の歌舞伎町近くでバイトや社会人していた身としてはほぼ変わらない。基本的に女性が一人で外を歩いていても明るい場所が多い。もちろん郊外に出れば危ない場所もあるだろうが市内中心部から地下鉄で15分圏内は概ね人も多く安全である。ただリードなしで散歩している犬は怖い。犬の治安は日本が圧倒的である。(筆者は犬が怖い)

物価

まぁ高い。日本が安すぎなだけだとは思うが。特に家賃など住に関する物価は非常に高いと思う。

仕事について

前段として自分は某チェーンの日本食レストランで働いている。

勤務

普通のヨーロッパ人の勤務態度というか、やることなければケータイ触ることもあるし、飲食することもある。ただ自分が思った以上にみんなやれることないか探して仕事している人が多かった。半分くらいが大学生なので何というか要領だったりで?となることもたまにあるけどそれは日本とあまり変わらない。社会人4年やった自分が学生時代よりは全体を俯瞰して見れるようになってるなぁと思ったり。例えば他人の不出来やミスに対して何も思わなくなったり。最初からできる人なんていないし誰でもミスするし。ミスしたところで人が死ぬわけでもないんだから、という社会人時代の感覚のまま仕事している。さすがに人が死ぬ可能性のあるレベルのミスは怒った方がいいと思うけど。

時間

みんな時間ぴったりに来る、か2.3分遅れてくる。忙しい日にそれやれれると困るが、電車は急に止まるし時刻表はないので運が悪ければ乗り換えの接続が悪かったりするので仕方がないと思う。5分前行動は基本存在しない。当たり前だけど。

客層

自分の店の客層は非常によく、ドイツ語が話せない自分にも寛大で助かっている。ただヴィーガンの人は日本に比べて非常に多いので知識の浅い自分は説明に困る。ヴィーがんやベジタリアンは日本でもそれなりの知名度があるがヨーロッパのそれとはレベルが違う。ちなみにお世話になっているLASKファン本人はお肉大好きだがガールフレンドがヴィーガンのため家ではお肉が食べられず、アウェイ遠征の時にしこたまお肉食べてたのが印象的である。

フットボールについて

よく言えば日本でいう野球的な感覚。新聞やニュースで自然と情報が入ってくるし駅や電車内の電子公告でもニュースとして流れてくる。2部くらいまでの結果は。驚いたのはLinz出身のフットボールファンではないルームメート(女性)のお父さんがLASKのスポンサー問題やRapidのウルトラスとクラブの関わり方など、ある種常識的なトピックとして知っていたことだった。

日本人であれば巨人が読売や日テレの所有物であることはほとんどの人が知っているであろうし、巨人と阪神がライバルなことは知っているだろう。ただFC東京東京ヴェルディがライバルであることはそれに比べると認知度は低いと思う。その野球レベルで情報にアンテナを張っている人はフットボールの情報を知っている。割と衝撃だった。

交友関係について

20代後半で新しい友人を作るのは日本でも難しいと思う。でもフットボールを通じて多くの大切な友人ができたのは本当に感謝している。彼らがいなければもしかしたら孤独で日本に帰っていたかもしれない。反面、日本にいる人たちとは疎遠になりかけているかもしれない。パートナーともうまくいかなかった。それを感じると日本に帰りたくなる。でもスタジアムという家をこちらで見つけられたのでそっちはそっちで恋しくなるなぁと思ってしまう。20代後半でまぁ結婚もしたいなぁなんて思ってると割と時間がない。20代でやるべきことは時間に対して非常に多い。

何か困ったことがあれば助けてくれる友人はウィーンでもリンツでもいるので本当に心強い。職場の経験豊富な日本人同僚たちも含めて。

 

来て正解だったかどうか

人生経験として

人生の経験としては正解だったと思う。日本じゃ経験できない思い出もたくさんできた。もちろんこの1年で失ったキャリアや関係などたくさんあったと思う。

キャリアとして

個人的には20代はバリバリ働いてキャリアの土台を作るべきだったという後悔もある。学歴を盾に勝負できない側の人間としては。もちろん現地採用が決まればキャリアとしても文句なしだったとは思うがそこまでの実力がない人間のキャリアとしては失敗だったと思う。

就活したり他のキャリアを積んでる人の話を聞いて思うのはこちらでキャリアを作るにはワーホリで来るよりも学生としてこちらに来た方がいいと思うし、そこからインターンで入り込むのが一番効果的だと思う。もしくは少なくとも国際的なキャリアを日本で積んでから来る、日系企業のチャンスが豊富な場所からステップアップする、などの方法を取った方が絶対に良い。

さいごに

1年前の自分を思うと多くのものを望みすぎたと思う。こちらでのキャリアの獲得、フットボールを楽しむこと、帰国後の青写真。限られた時間でやれることは限られている。

でも幸せって何だろうとは考えさせられた。生き急いでいた感のある自分は少しスローペースになった気がしなくもない。まぁそれでもキャリア作らなきゃとか焦ってはいるけれども。田舎ヤンキーが子供作って早々に結婚して~みたいなのはSNSでよく見るけど、たしかにな~と思うことも多々ある。家で家族とゆっくり過ごすこちらの人やホリデーで海でのんびり時間を使う人、スタジアムで友人たちと毎週会ってビールを飲み交わしたりする姿を見ていろんな幸せがあるなぁと思ったり。まぁビジネスの場面をなかなか見ないからって側面はあるけど、違う価値観を見ることができたなぁと思った。

 

とりあえず、ウィンターブレイクはみんなに会えなくて寂しいです。アジアカップ、行こうと思ってるので日本からたくさんの知り合いに会えることを願っています。

 

では年越しそばを一人で作ります。

よいお年を、そしてあけましておめでとうございます。